07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

キリストを超えた? 前田が?(失笑) 

いやあ、頭にきた。なんでAKBという搾取団体は俺の神経をここまで逆撫でするのかね。

(ここから転載)

『前田敦子はキリストを超えた 〈宗教〉としてのAKB48』
こんなタイトルの新書が、2012年12月7日に発売される。センセーショナルなタイトルだけあって、発売前からインターネット上で話題に。批判の声が多く上がっている。
社会学者でAKB48の熱心なファンでもある濱野智史さんの著書で、筑摩書房から出版される。

表紙には「『私のことは嫌いでも、AKBのことは嫌いにならないでください。』
この言葉に充溢するあっちゃんの『利他性』こそが、前田敦子がキリストを超えたアルファにしてオメガのポイントである。それはキリストの『エリ・エリ・レマ・サバクタニ』に匹敵する、自らを犠牲にする者の利他性に満ちた言葉である」と書かれている。
各章は「序章 AKB48は『いま・ここ』にある宗教である」「第一章 前田敦子はキリストを超えた」「第四章 AKBは世界宗教たりえるか」など、タイトルに劣らぬ衝撃的な見出しが付いている。

濱野さんは11月13日、ツイッターで「挑発的なタイトルだと受け取られると思います。ただ、あとがきでもふれていますが、本書にはキリスト教自体を批判する意図はありません。それは本書を読んでもらえれば分かると思います。とにかく、本当に渾身のマジ論考ですので、ぜひ読んで欲しいと思います」と著書をアピールしている。

しかし濱野さんあてには
「タイトル狂ってますよ。冗談じゃなく。あなたは基督教徒じゃないんですよね?余計悪いでしょう」
「アイドル(偶像)がキリストを超えたと言ってる時点で、怒られることぐらいは覚悟してください」など非難のツイートが寄せられた。

さらに、雑誌『ダ・ヴィンチ』の創刊編集長で小説家の長薗安浩さんは「タイトルを見て、あきれた。キリスト教信者でなくても、このタイトルには強い不遜を感じる。キリストを各宗派の教祖にかえれば、その是非はすぐわかるだろうに。著者と版元は批判覚悟とは思うが、前田さんはいい迷惑だ」
評論家の東浩紀さんは「キリスト教をなんだと思っているのだ」「キリスト教信者でなくとも、常識あるひとなら納得いかないでしょう」と、著名人もツイッターで批判している。

巣鴨聖泉キリスト教会の主任牧師である小嶋崇さんは「なぜキリストが引き合いに出されるのか。なぜ『キリストを超えた』という分析になるのか」、キリスト教出版社「あめんどう」代表の小渕春夫さんも「恥ずかしい、笑い話ですね。欧米ではあり得ない。一目を惹くためにここまで言う広告人」とツイートするなど、キリスト教関係者からも疑問、非難の声が上がっている。

かつて、故ジョン・レノンさんがインタビューで「ビートルズは今やイエスよりも人気がある」と発言したことがある。これが世界的に問題となり、ジョンさんが謝罪に追い込まれたという"騒動"があった。
こうした前例もあり、もし「前田敦子はキリストを超えた」が海外の熱心なキリスト教徒の目に触れたら、大騒動になりかねない。なぜ、こうしたタイトルが付けられたのだろうか。

筑摩書房によると、元々濱野さんと親しい評論家の宇野常寛さんが、12年4月1日、エイプリルフールのネタとして「濱野智史待望の新刊(4年ぶりの単著)が、ついに発売です。帯、書いています。よろしくです!」と、「前田敦子はキリストを超えた」というタイトルの本の画像をツイートしたことが発端となっているという。

ただ、濱野さんは本気で「前田敦子はキリストを超えた」と思っていたので、ならば本当にこのタイトルで本を書いてやろう、と考え、今回の出版に至ったとのことだ。著者、編集者ともに内容には自信を持っている、と話していた。

濱野さんは批判を受けた後、ツイッターで「タイトルだけではそう思われても仕方がない思うのですが、内容をぜひ読んでほしいです。必然性があってのタイトルです。もちろん悩みましたが」と投稿している。

(転載ここまで)


…もう、いろいろな要素があり過ぎて、どっから書けばいいか分からん(怒)。
まず、これは平岡正明の『山口百恵は菩薩である』の丸パクリ、しかも粗悪な劣化コピーじゃん。
平岡氏は、山口百恵の持つ雰囲気やオーラを、古くから包容力のある女性を示す言葉でもある"菩薩"(この場合は観音菩薩、観音様だろうね)という表現で評論し、世間的にも一定の評価を得ました。
仏教の場合、菩薩もまた修行の身であり、位としては如来よりも下というポジションですから、畏敬の表現として成り立ってます。まあ、釈迦にしても釈迦如来であって絶対神ではない、仏教ならではの表現です。
さて、『前田とかいうケツ出し運ばれ女が、キリスト教の唯一絶対神を超えた』という発想は、どの辺に必然性があるんでしょうか?
21才に必然性も無く卒業したり、評論本のタイトルをパクったりしたところで、前田は百恵にはなれんのだよ!

この濱野とかいうアホについては、可哀相としか言いようがないですね(頭が)。
自分はAKBに対して微塵の妥協も無く批判的ですが、それでも中高生が夢中になるのは当然だろうと思ってます。
それは70年代に南沙織や浅田美代子に夢中になった世代がいて、中三トリオやキャンディーズに入れあげた世代がいて、80年代に聖子や明菜やキョンキョンに、ミポリンやナンノやトロリンにハマった世代がいて、90年代アイドル不遇時代を経て、モーニング娘。が大爆発した時の世代がいる、その時代のシンボルがアイドルだからです。
そういうものを見てきた、仮にも社会評論をやっている大人が、秋元の策に簡単に引っかかり、それがどんな影響をもたらすか考慮もせずにクズ本を執筆してしまう。いや、話題性だけ狙ったタイトルだとは百も承知ですが、世の中には踏み込んでいい部分とダメな部分があるという分別がされていない。
エイプリルフールのネタを本当にするという点では、かの『アポロは月に行ってない』という恥ずかしい説と同等じゃないですか。

それと、自分が長崎県出身だからあえて言わせてもらうけど、これ…キリスト教信者のAKBファンが結構いるであろう事を、全く考慮してないよね。
自分の友人(アイドル好き)は敬虔なカトリック教徒で、家にはヨハネ・パウロ2世が来日された際に長崎で大ミサ?を行った時の写真が飾ってあった。そんな子は今でもいるだろうよ。
キリスト教の神だからディスってもいいという発想が、とことん許せないね。
この濱野とかいうアンポンタンが、キリスト教原理主義者に狙われたとしても、全く同情出来ないね。原理主義者が恐いのはイスラム教だけじゃないんだよ。

ちくま新書、地に落ちたね。これが一時期の幻冬舎とか、今のポプラ社なら話は分かるんだけど。ま、ちくまの文庫にはまだ用はあるけど、新書はいらんわ。さようなら。

今回の件で再認識したのは、『AKBとその周囲は馬鹿ばっかり!』という真実です。早く限界点に達して、反動で急速収縮していってほしいわ。
10年後、今回の本は珍本扱いとなっている事でしょう。
関連記事
スポンサーサイト
2012/11/15 Thu. 03:50 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/911-ec684e6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。