07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

日本ハムのフロントはスゴい 

今日は書きたい事があったんですが、予定を変更して、野球での結構な大型トレードについて触れたいな、と。

(ここから転載)

日本ハムの糸井嘉男外野手(31)八木智哉投手(29)と、
オリックスの木佐貫洋投手(32)、大引啓次内野手(28)、赤田将吾外野手(32)の2対3の大型トレードが成立したことが23日、両球団から発表された。

糸井は4年連続で打率3割超でゴールデングラブ賞、2年連続で最高出塁率のタイトルを獲得している日本球界屈指の外野手。
3月のWBC日本代表候補にも選ばれている主力選手だが、契約交渉で難航しており、いまだ未更改だった。
八木は06年に新人王を獲得するなど実績十分の左腕。

日本ハムは2人を交換要員にした補強策を敢行。手薄な先発投手と遊撃手、糸井の移籍でやや弱体化する外野手として、それぞれ木佐貫、大引、赤田の獲得へと至った。
絶対的なレギュラー不在の右翼手と、先発左腕に不安があるオリックスと双方の思惑が合致し、特大移籍劇がまとまった。

(転載ここまで)


これはいいトレードですね。
日本ハムは近年、戦力に対してそれほど聖域を設けない主義になっているようで、中身をリフレッシュして常に耳目を引きつけようとしている感があります。
MLBやNBAだと、サラリーキャップ制度があるのと、どうしても優勝したいチームが、そのシーズンしかいないであろう前提で大物を獲得するケースもあったりするので、人の出入りはあって当然なんですけどね。
まあ今回のケースは、おそらく糸井の契約のこじれに、本人がポスティングでのメジャー挑戦をちらつかせ始めた事を踏まえて、ならばしっかり商売してしまえ…という思惑があるんでしょうがね。だが、それがいい。その思い切りが日本ハムの近年の安定に繋がっている。
そして何気に、大引という使えるショートを獲得しているのが抜け目無い。これでショートの穴が埋まれば、補強ポイントを他に移せる訳で、ちゃんとチーム事情を踏まえている。木佐貫も日本ハムなら安定しそうだしね。上手いなあ。
阪神ファンの自分としては、松永←→野田の悪夢トレード(決して松永が悪い訳ではなく、松永が翌年FAする事を考えてもいなかった阪神フロントのアホさが悪夢)を見ているので、こういう賢いフロントは正直羨ましい。今年も妙な補強(?)してますしね。
ただ、この件で…栗山監督は基本お飾りで、人事や補強に権限が無い事はハッキリしましたねw。ま、変にGM面した人が目立つのもアレですし、日本ハムのフロント主導主義は悪くありません。

こういう…いわゆるドライな球団があと2つくらい出来ると、トレードそのものが活性化するはず。千葉ロッテやDeNAに期待したいですねえ。
正直、たかがFAで言い訳がましく「辛いです…」とか涙目になる選手がいたりするのも気に喰わないですし(だからあの選手は嫌い)、戦力の移動はもっとスマートにやってほしい。
真弓や矢野のように、阪神にトレードされてきて開花してくれた選手もいれば、池田、大野、平尾、関川のように阪神から出る事で開花した選手もいる。戦力を常に動かすチャンスを測るのがフロントというものです。林威助とか使わないなら出してあげようぜ。
…まあ、台湾で八百長に関わった中込、ひき逃げの前川、公道グランプリの王者上坂、ルパンと異名をとった塩谷みたいな事にはならんでほしいのですがorz。

ドライに新陳代謝を進める日本ハム、目立たないうちに結構な補強をしているオリックス。この2球団は要注目です。阪神は………藤浪君、早く育たないかなあw。
ドラフト、トレード、FA、ポスティング。来る人去る人があってのチーム。今回のトレードは、球界に良い例を残してくれたと思います。
関連記事
スポンサーサイト
2013/01/24 Thu. 02:50 | trackback: 1 | comment: 2edit

コメント

久々の大型トレード

 こんにちは。

 日本ハム・糸井らとオリックス・木佐貫らの交換トレードと言うビッグニュースが届いた野球界、近年そのような大型トレードが少なくなったのを考えたら、やるじゃんと思うね。FA制度が導入されてから大物同士の交換トレードがあまり見られなくなったことを考えれば。

 交換トレードと言うのはお互いの短所を補う目的で行ってますが、片やレギュラークラスがいない、片や左腕投手が少ないと言う両チーム間の懸念が一致し、今回のトレードにつながったが、フロントの目が問われるものでもあります。

 阪神ですか、野田浩司と松永浩美の交換トレードは苦い経験以外の何物でもないです。放出した野田がオリックスで大車輪の活躍をした一方で、松永は序盤にケガをして出遅れ、その後レギュラーとなるも目立った活躍に至らず、挙句オフに出来たばかりのFA制度を利用してFA宣言してダイエーに。と言いますから、これにはフロントの先見の目がなかったんじゃ? ですよ。
 池田親興と大野久も放出して活躍したケースですが、入れ替わりで取った藤本修二と西川佳明らは全然活躍しなかった例もありますね・・・。藤本にせよ西川にせよ南海末期の先発の柱で、大阪に戻れば復活するだろうと言う考えが甘かったと言えます(ダイエーになってからはケガもあってスランプに陥った)。

 その点では、秋山幸二を佐々木誠らとの交換トレードで獲得したダイエーはスゴイと言える。秋山に全盛期の活躍は期待できない半面、常勝軍団のメンタリティを当時弱小だったチームに植え付けて意識改革に結びつけたのだから、ホークスが常勝チームになったのは言うまでもない。秋山がいてこそ小久保や松中などが成長したと言えます。このトレードを画策した故・根本陸夫氏は偉いですよね。
 まァ佐々木も西武で主軸を打つまでになったんだから、両チームにとって大成功と言えます。その後阪神に来たけど全盛期の活躍が出来ず退団したのは残念ですが。

アジシオ次郎 #- | URL | 2013/01/25 14:23 * edit *

>>アジシオ次郎様
今回のトレードは、ホントに上手いと思いました。
特に阪神が、補強とは金で誰か連れてくる事だと思いこんでるのでなおさらでした。
あえて書きませんでしたが、阪神も小津時代までは結構寝技的な事をやってたんですよね。田淵放出のトレードとか。まあ、田淵放出が良かったかどうかは実のところ何とも言えませんが、阪神に来た4人が皆それぞれ活躍してくれたのは事実。そういう事も出来た時代があったんですが…。

まあ、トレードは賭けでもあるんで、来た選手が鳴かず飛ばずだった場合でも、それは仕方ないです。にしても、近年の阪神は下手くそ過ぎますがw。

メテオ #- | URL | 2013/01/26 03:49 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/987-76cecc51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゴヤール 店舗

日本ハムのフロントはスゴい - メテオ・ストライクス!

ゴヤール 店舗 | 2013/04/23 14:54

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。