07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

コアマガジンへの提案 

すいませんが、また一般の方には縁の無い話題で。

以前、『コミックゼロス』という成年漫画雑誌創刊の裏話的な出来事を書きましたが、その『コミックゼロス』も創刊して早や3号。力量のある漫画家さんの味が徐々に出てきて、それが雑誌自体の味になってきました。
不満といえば、厚いボリュームと高めのクオリティのせいで、流せるところが少なくて疲れるのと、それに類する事ですが…印象に残る漫画が少ない。あと、自分の大好きな縁山(へりやま)さんが…古賀亮一、G.ヒコロウ枠な漫画(エロ無しの日常シュールギャグ系)を描いてる事。いや、自分は縁山さんのシュールエロを読みたいんだよ。
ま、なんにせよ豪華な雑誌です。この先、新人発掘などもやるのか、そういうのは『快楽天』側にまかせるのか、ワニマガジンも悩ましいのではないでしょうか。

で、そうなると気になるのが、お抱えの漫画家達に大量離脱されてしまったコアマガジンの方。『メガストア』など長年愛読してきた雑誌ですから、そう簡単に潰れてもらっては困ります。
その『メガストア』最新号も当然目を通したんですが…、うわあ…大変やねえ、これは………(遠い目)。
どう大変かというと、巻末の目次ページの漫画家さんの一言コメントが凄い。この一言コメントで「初めまして」と挨拶している漫画家さんが…なんと9人もいらっしゃるw。漫画自体のタイトルページにも"本誌初登場!"と銘打ちまくってあるし…。
コアマガジンとしては、もちろん懸命に揃えた漫画家さんなんでしょうけど、21本の作品の4割が『メガストア』初掲載というのは異様。他誌で描いていた方もいますが、こういう商業誌の経験の浅い方もいるようですし(正直、クオリティでは今一つな印象)。
その初掲載組をカバーするように、TYPE.90、すえひろがり、あしか、EB110SS、きお誠児…といったベテランの実力者が配されて、雑誌としては成り立ってますけどね。超お久しぶりに名前を拝見する方もいます。
とりあえずこういう時、西E田の表紙と、古賀亮一の『新ゲノム』が不変であるのはデカいですね。それが無ければ、『LO』や『RIN』かと思うくらいの内容だったしw。

しばらくは、コアマガジンに残留した漫画家と、出版社を股にかけて描いているベテラン勢を重用しつつ、改めて人材を育てないといけない。大変な事です。なんせ、そういうノウハウを持っていた一番中核の編集さんに愛想尽かされて、漫画家大量離脱に繋がってしまったんですから…。
今回初掲載の漫画家さんの作品が上手く定着出来たとして、単行本が出せるほどの量が溜まるのはまだまだ先の話。成年漫画家の方は、それほど量産能力は無い方が多いですし。
その単行本にしても、『メガストア』に載ってる単行本の新刊広告が、コアマガジンに残留した漫画家さんの新刊のみになっているのが、当然とはいえ寂しい限り。しばらく前はいろんな広告が踊っていたもんですが…。巻末の全既刊表示ページは、ワニマガジンに移籍しちゃった漫画家さんの単行本も載ってますけどね。
コアマガジンに残っているであろう移籍組の原稿にしても、おそらくワニマガジンが買い取って、ワニマガジンの単行本として世に出る事になるんでしょう。
コアマガジンはしばらく単行本で稼ぐ事が出来なくなります。正直、大丈夫なんでしょうか?

そこで、提案…というほどでもないですけど、コアマガジンに考えてほしいのが雑誌の再編ですね。
その昔、竹書房が漫画雑誌『近代麻雀』を3誌出してて、売れ行きが芳しくなくて共倒れしそうになった事がありました(本誌と別冊とオリジナルだったか)。
で、思い切って『近代麻雀』だけ残して2誌を潰した結果、『近代麻雀』がえらく充実した雑誌になり(アカギ、むこうぶち、片山まさゆき、ムダヅモ、押川などが全部読める魅惑の雑誌)、息を吹き返した訳です。今は1誌増えて2誌体制ですが、あの決断は良かった。

で…、コアマガジンの成年漫画雑誌というと、『メガストア』『メガストアH』『ばんがいち』『HOT MILK』などがあるんですが、中核である『メガストア』すら漫画家かき集めないといけない事態にですから、正直どれか潰した方がいいと思う。
まあ、『メガストアH』が一番潰しやすい気はしますがね。以前と違って『メガストアH』は存在意義が薄くなってるし(紙質も悪い)。『ばんがいち』は今回の移籍劇でもそんなにダメージ喰らってないし、『HOT MILK』はライバル誌(快楽天)の手前、意地でも守りたいでしょうから。
ただ、…『メガストアH』を解体して『メガストア』と『HOT MILK』に戦力投入したとしても、失礼ながら…まだ薄いですけどね。

エロというのは簡単なようでいて難しいものです。
特に"漫画"は、目の肥えた好事家が読む事が多いので、積み上げたノウハウと漫画家は貴重な財産。『阿吽』にしろ、『MUJIN』にしろ、『真激』にしろ、『マショウ』にしろ、『LO』にしろ、雑誌の色とお抱えの漫画家はキチッとしているものです。
ところが、コアマガジンの成年漫画雑誌を整えノウハウを生み出した功労者を、冷遇して移籍させてしまったという…。アホな会社やで、大手とは思えん。あの『小学館ヤングサンデー馬鹿編集長御乱心事件』クラスの愚行ですよ。ヤングサンデーはそれが原因で潰れてしまったし…。
兎にも角にも、まずは今の戦力に見合った規模の雑誌数にして、戦力再編をしてほしい。このままでは………。
関連記事
スポンサーサイト
2013/01/30 Wed. 05:02 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/993-472ae17e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。